RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
QGA:3.e4 e5
 QGA:3.e4です。Internet gameだと3.Nf3より出現率が高い形です。センターにポーンを2つ並べる手が悪手になるハズがありませんから自然な発想だと思います。黒はこれを看過できませんから早々とセンターを崩そうと3...e5や3...c5と続ける場合が多く、open gameに近い序盤になります。
 白番でこのラインの勝率が悪いのなら、それは貴方がclosed gameが得意なのにopen gameの局面に誘導されているからではないでしょうか?


 1.d4 d5 2.c4 dxc4 3.e4

 

 白はd5の黒ポーンが消えたので一気にe4、d4とセンターを支配しました。さらに次にBxc4でポーンを取り返すつもりです。このまま白にNf3、Bxc4、0-0と理想形を組ませるわけにはいかないので、黒はセンターを崩しにかかる必要があります。

 
3...e5
 
黒で最もよく指されるセンターへの反撃です。黒も両翼のBとQの効きを解放しつつ、d4に圧力をかけます。他の候補手としてc5、Nf6、Nc6が挙げられます。
 3...c5はまた機会を設けて書きますが、3...Nf6はAlekhine Defense、3...Nc6はChigorin Defenseと似たような展開になるとだけ書いておきます。

 4.Nf3
 他の候補手が良くない理由を挙げることで逆説的にこの手がベストであると説明します。手順を読むのが面倒なら、4.Nf3はNを展開しつつ、d4、e5を抑えている自然な手だと考えて読み飛ばしてください。
 まず、4.dxe5 5.Qxd1+ 5.Kxd1 Nc6 6.Nf3(f4) Bg4は黒に主導権があります。e5のポーンが守りにくく、黒はBg4や0-0-0でd1にいる白Kを攻撃しつつ展開が可能です。

 次に4.Bxc4ですが、4...Qxd4と続いて5.Qxd4 exd4 6.Bf4は黒が優位とFritzが判断しています。白が2つのBを展開しているのに対して黒は1つもピースが出ていないのに不思議に思えるかもしれません。黒は6...Bb4+でテンポを取り戻すことができますし、続けて7...Nf6でe4を狙います。c7が狙われていますが、白のe4のポーンと黒のc7のポーンでは前者の方が価値がありますから交換になっても大丈夫です。またd4の黒ポーンも魅力的なパスポーンであります。
 正着は4.Bxc4 Qxd4 5.Nd2なのですが、5...Bc5(△6...Qxf2#) 6.Qe2 Nf6 7.Ngf3 Qd6 8.0-0 0-0と続きます。白は暗色Bを出す為に9.Nb3と跳ねますが、9...Bb6と下がった後、この位置はa5、c5、d4をきっちり黒に押さえられている現状ではあまりいい位置とは言えません。10.Rd1 Qe7 11.Bg5 Nc6 12.Rac1 a5!(黒は扱いにくくなっているb3のNを狙います) 13.a4 Be6 これ以上手順を羅列するのは止めておきますが、つまるところNb3が白にとって負荷になっているので黒は問題なく指せます。
 最後に4.d5ですが、4...Nf6 5.Nc3 b5で白がe4のポーンを諦めて6.Nxb5 Nxe4 7.Bxc4 Bc5 8.Be3 Bxe3 9.fxe3 は黒が良いでしょう。d5を突いたことでBc5と黒にとってベストな暗色Bの配置を許すことと黒のNxe4からf2狙いで白は形を崩します。

 4...exd4
 Nに狙われているので、交換することで白のセンターポーンを崩しつつ捌いてしまいます。

 


 白の5手目はNxd4、Qxd4、Bxc4の三択ですが、前者2つはQ交換になります。基本的に明らかに良くなる場合を除いて序盤のQ交換は白にとって局面の複雑性や攻撃力が下がってしまい勝ちにくくなる(Draw率が上がる)のでお勧めしません。

 5.Bxc4
 というわけでこれが定跡として推奨されている手です。

 5...Bb4+
 このラインの黒のキームーブ。チェックで展開してテンポを稼ぎます。d4にポーンが食い込んでいるため、白はd2で受けざるを得ません。

 6.Bd2
 6.Nbd2もありますが、暗色Bの効きを閉ざしてしまいますから私はこっちが良いと思います。

 6...Bxd2+
 6...Nc6? 7.Bxb4 Nxb4 8.Qb3±と6...Qe7 7.0-0はどちらも白の方が早い展開をしていて指しやすいでしょう。よってd2で交換を起こして白の次手を強制します。

 7.Nbxd2
 Qで取り返した前例はありません。Nをc3に出せないのでこう取り返して配置するのが当然です。

 7...Nc6
 d4を守りつつNを展開しました。7...Nf6の方が自然に見えますが、f6はQのためにあけておきます。

 8.0-0
 注釈が必要とは思いませんが、キャスリングでKを中央から避難させています。

 8...Qf6

 


 このラインは黒がc5を突いていないので定跡を知らないとQの配置が難しいかもしれません。d4をさらに強化しつつ、Qを展開し、白Kの頭上に配置しました。
 ここから白の候補手はRe1、Rc1、Bb5、b4、Nb3など色々と分岐していくため全て追いきれませんが、黒のセットアップはNge7とBe6 or Bg4でバックランクから全てのピースを展開し、戦局によって0-0か0-0-0を選べばよいでしょう。
 注意すべきは白のNb3に対してはBg4のピンで対抗することを覚えておかなければいけません。

 次回はQGA:Alekhine Defense、1.d4 d5 2.c4 dxc4 3.e4 c5型、もしくはSmyslov variationあたりを書く予定です。どれなるかは私の気分次第でしょう。希望があればコメントしていただけると優先的に書きたいと思います。
author:ゆずゆぐ, category:Queen’s Gambit Accepted, 05:56
comments(0), trackbacks(0), - -
QGA:Nbd7 or Nc6
 1.d4 d5 2.c4 dxc4 3.e4の対策もQGAを指す上で準備しておかなければならない変化で、前回の最後で、次はこれに触れる予定だと書きましたが、予定を変更して、黒のQサイド側のNがc6に跳ねた場合についてを今回のテーマにします。

 1.d4 d5 2.c4 dxc4 3.Nf3 Nf6 4.e3 e6 5.Bxc4 c5 6.0-0 a6 7.Qe2 b5 8.Bb3 Bb7 9.Nc3 Nc6

 

 前回は9...Nbd7と指したところで今回は9...Nc6を選択。最近になって私はこちらを好むようになりました。Nbd7と違ってd4にプレッシャーをかけています。

 10.Rd1 c4 11.Bc2 Nb4 12.Bb1
 Nc6のオプションとしてこのように白のBに退却を迫ることができます。
 しかしこのままでは白は簡単にe4を突けてしまいますから…。

 12...Nd3?! 13.Bxd3 cxd3

 

 黒は1ポーンを捨てることになりますが、白にe4を突かせないことで、c1のBとa1のRが展開されるのを阻止し、窮屈なポジションを強いることができます。
 白の応手がQxd3だろうが、Rxd3だろうが、次は14...b4です。


 では、10...c4と突かずに従来通り10...Qb8と進めてみましょう。
 やってしまいがちな11.e4?はあまり良くありません。
 
 10...Qb8
11.e4? cxd4! 12.Nxd4 Nxd4 13.Rxd4 Bd6 14.g3 0-0

 

 9...Nbd7で11.e4と突いた場合と違い、d4でNが交換されてRxd4と取り返してRが出ています。そのせいでこの局面ではfポーンが突けません。
 黒はb4やBe5でe4の守っているピースを退かしてe4を狙いましょう。

 白がどう指すべきかと言うと、やはり11.d5です。

 11.d5 Nxd5 12.Bxd5 exd5 13.Nxd5
 こうしてf6のNを消してからe4を突きましょう。

 もし機会があれば指してみたいのは、こちら。

 11.d5 exd5? 12.e4!

 

 黒のKは0-0が済んでいないため、d5を先にポーンで取り返すのは非常に危険です。
 例えばこんな変化があります。12...dxe4? 13.Nxe4 Nxe4 14.Qxe4+ Be7 15.Bd5 Na5 16.Bxf7+! Kxf7 17.Qf5+ Kg8 18.Qe6+ Kf8 19.Ne5±
 上図のe4ポーンは取れないのでさらにe5、e6とKに迫りましょう。詳細は割愛しますが白が楽しいチェスになりますね。

 
 このように9...Nc6は白が11.e4?と間違えた時の影響がNbd7の時より大きく、ちょっとしたトラップに成り得ます。

 1.d4 d5 2.c4 dxc4 3.Nf3 Nf6 4.e3 e6 5.Bxc4 c5と進んだ場合、白に楽にe4と突かせてはいけません。
 今回はNbd7とNc6の違いを強調するために、9手目まで同一の局面からの分岐でしたが、白が7...b5を嫌って7.a4と指した場合などでも7...Nc6と指す変化があります。それも折に触れて書ければと思います。


 Tata Steel Tournamentを観ながら書いていましたが、R5の今夜はB組の
Timmanが往年の輝きを取り戻した、素晴らしい駒捌きで勝利しています。
 A組では大方の予想通りCarlsenとAronianが首位を走っています。R3ではこの両者がぶつかってCarlsenが勝ちましたが、R4ですぐさまAronianは勝って追い付いています。はたしてどうなるか目が離せません。
author:ゆずゆぐ, category:Queen’s Gambit Accepted, 05:02
comments(0), trackbacks(0), - -
Queen's Gambit Accepted:Classical

 私が学生選手権で1.d4に対して黒番で用意していたのがQueen's Gambit Accepted(以下QGA)です(使う機会はありませんでしたが)。
 学生選手権の記事は別に書きますが、とりあえず大会前に書いておいたQGAについて公開していきます。今回はclassicalです。

 QGAはSlav DefenseやKIDの人気の影に隠れがちですが、1.d4 d5 2.c4の基本だと思います。学生選手権に向けてこの定跡について勉強したことを記録も兼ねて書いていきますのでご参考になれば幸いです。

 
1.d4 d5 2.c4 dxc4(ECOコードD20)

 

 QGAのスタートです。白はcポーンを差し出すことでセンターの支配力を強めます。黒でQGAを指す時に気を付けなければならないのは、決してこの1Pアップを守ろうと思わないことです。テンポを損ない大局を失することになりかねません。少々極端ですが、3.e4 b5?! 4.a4 c6 5.axb5 cxb5 6.Nc3は白が1Pの代償を充分に得ています。
 
 白が3手目にe4を突くか突かないかで分岐します。
 候補手は3.e4 もしくは 3.Nf3(3.e3)です。今回は後者について見てみましょう。
 Classical Lineを辿りつつECOコードを参考に分岐も書いておきます。

 
3.Nf3(ECOコードD21) 3...Nf6(ECOコードD23)
 これは互いにeポーンがセンターに進出することを阻止する手です。3.e4 e5を嫌うなら最も自然な展開と言えます。
 3...a6(ECOコードD22 QGA:Alekhine Defense)

 
4.e3(ECOコードD25) 4...e6(ECOコードD26) 5.Bxc4
 白は白マスBの展開をしつつ、GambitしたPを回収します。
 4.Nc3(ECOコードD24 QGA:4.Nc3)

 
5...c5

 

 遅かれ速かれ、1.d4 d5で始まったゲームで黒が常用するcounter moveです。
 このポーンは機を見てcxd4と交換して白にIQPを持たせたり、c4に突き越して、Qサイドでポーン数を2:3にすることもできます。

 
6.0-0
 6.dxc5?! Qxd1+ 7.Kxd1 Bxc5は早々にQレスポジションで、またほぼ白黒同形です。貴方がKramnikのようにエンドゲームやQレスのミドルゲームが得意なら挑戦してもいいでしょうが、そうでないのならお勧めしません。

 6...a6(ECOコードD27 QGA:Classical)
 △7...b5 8...Bb7
 
 7.Qe2(ECOコードD28 QGA:Classical)
 e4を突くためのサポートとd1を開けてKサイドのRを回す準備をします。
 QGAの場合、白のRはc1とd1に置かれるのが一般的です。
 他の候補手としては7.Nc3や7.a4を実戦で見かけました。
 Nc3はQe2同様e4を突くためのサポートです。a4は黒にb5を突かせるのを嫌った手です。

 7...b5 8.Bb3
 9.Bd3もありますが、Rd1と展開した後にRの利きを塞ぐことになります。

 8...Bb7(ECOコードD29 QGA:Classical)

 

 c8のBの使い方は黒番でd4を相手にしたときに悩みがちですが、QGAではシンプルにこうです。
 a8-h1の大ダイアナゴルを抑え、白のe4突きを牽制しています。
 QGA:Alekhine Defenseで4...Bg4と出ていく変化もありますが、これはまた別の機会に触れます。
 
 イントロダクションとしてQGA:Classicalを並べてみました。せっかくですからもう少し続けましょう。
 白9手目でNc3、Rd1、a4と候補手があります。Nc3とRd1は手順が前後するだけで類似した局面になりますが、9.a4はRを1枚交換してQサイドで交戦することになります。

 9.Nc3
 このNはd5、e4の重要なスクエアをコントロールしています。黒がb4と突いてきた場合はNa4と跳ねてc5にプレッシャーを与えます。

 9...Nbd7 10.Rd1 Qb8

 

 この手は定跡を勉強していないと、即席で指すのは難しいのではないでしょうか。
 やってしまいがちなのは10...Be7ですね。手持ちの本には11.e4 b4 12.e5 bxc3 13.exf6 Nxf6 14.Ba4+ Kf8 15.dxc5 ±と書かれています。
 他にも10...Qc7もあります。これはありですが、白に11.e4を許します。この変化は後日書く予定です。
 簡単に言うと黒Qがd8やc7にいては白はe4からセンターを捌いてBe3、Rac1といった展開が可能です。

 11.d5
 11.e4に対しては迷わず11...cxd4です。12.Nxd4 Bd6 13.g3 0-0で黒に不満はありません。

 11...Nxd5 12.Nxd5 Bxd5 13.Bxd5 exd5 14.Rxd5 Be7 15.e4 +=
 これで若干白良しとありますが、黒にとっても悪いポジションではありません。
 QGA:Classicalの黒は0-0が遅れるので白のe4やa4といった早めの仕掛けに対する対処をきちんと予習しておく必要があるでしょう。またb4と突く手や、cxd4のタイミングも重要です。
 今回はClassicalを素直に並べましたが、次回は3.e4について勉強してみましょう。

author:ゆずゆぐ, category:Queen’s Gambit Accepted, 00:32
comments(0), trackbacks(0), - -