RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
これからの日本チェス界について

ブログを更新するのもかなり久しぶりなので、文章が下手になっていたり、ユーモアを交えようとして滑ったりするかもしれませんがご容赦ください。

さて、ご存知の通り『日本チェス協会』(以下JCA)が解散し、『National Chess Society of Japan』(以下NCS)が新たに発足しました。
それに伴い日本のチェス界の在り方に関する様々な意見がTwitter上やブログ上で活発に飛び交っております。

私もそれに便乗して私見を述べておきたいと思います。

 

 

1.JCAに関して
2.NCSに期待すること
3.プレイヤー側に関して
4.FIDE戦の増加に関して
5.日本でチェスが普及するために必要だと思うこと
6.地方のプレイヤーが東京の大会に足を運ぶということ

 


1.JCAに関して
まず『日本チェス協会』に関してですが、ネット上で囁かれていたように問題を抱えていた組織ではあったと思います。
誇張された表現や真偽不明なものも混じっていますが、JCAに関して調べると悪評ばかりが目につき、入会を躊躇う人もいたのではないでしょうか?
それについて今更書き連ねて批判することはしません。

それでも私はJCAが日本のチェス界で果たしてきた役割(大会運営、レーティング管理、機関誌の定期的な発行など)には感謝しています。
本来は直接謝辞を述べるべきでしょうが、遠方にてこの場でありがとうございましたと言わせてもらいます。

 


2.NCSに期待すること
NCS設立おめでとうございます。私を含め多くの人が新組織の発足で日本のチェス界が良い方向に発展していくことを期待しています。
新代表であるヒーバート由美子さんは海外に足を運んで国際アービターの資格を獲得し、日本の大会の質の向上や普及に取り組んでいる方です。
日本のチェス界を良くしていこうという気持ちや情熱をもってNCSを設立してくれたのでしょうから、私は応援しています。

 

私がNCSに要望を述べるとすれば、『財政の透明化』です。
残念ながらJCAでは会員の支払った年会費や大会の参加費がどのように使用されたのか不明瞭でした。

自分が払ったお金がどのように使われているのか、は気になります。
また組織がどれほどの資金力があるかで実際に行うことのできる活動の可否も見えてきます。
多分皆さんそれぞれにチェス界が発展するためのアイデアを持っているかと思いますが、
(GMに来日してもらう、大会の頻度を上げる、地方開催を増やすetc,)
それが実現可能かどうか議論するためにも財源、財政状況を知りたいです。
財源は埋蔵金などと宣う政治家はただの夢想家に過ぎません、何かをするにはお金が必要ということは社会人になってから意識する機会が増えました。

 


3.プレイヤー側に関して
JCAや過去の対戦相手に対して私が反省すべきことはいくつかあり、例えば大会に当日参加で飛び入りしたり、試合開始時刻に遅刻したこともあります。
当然これらの行為は円滑な大会運営を妨げたり、対戦相手に礼を失することになってしまい、申し訳ありませんでした。

 

個人がチェス界にできることは微力かもしれませんが、とりあえず大会に参加するだけでもそれはチェス界を盛り上げることだと思います。
たくさん人が集まるってだけでもイベントにとっては重要なことではないでしょうか。

で、人が集まって大会の規模が大きくなればそれに比例して運営の負担は上がります。
盤と駒とチェスクロックの準備だけでもそれなりの手間でしょう。
使い終わったチェスセットの片づけ、会場の机のセッティング、運営に感謝を伝える。
些細なことの積み重ねがチェス界を良くすることに繋がるハズです。

 


4.FIDE戦の増加に関して
JCA時代はGWの全日本選手権とお盆のジャパンリーグの年2回がFIDE戦でしたが、
NCSはこれに加え、ゴールデンウイークオープン(旧ゴールデンオープン)や女子選手権、シニア選手権をFIDE戦の大会として加える旨をお知らせしています。
私はFIDE戦が増えることには賛成です。
レーティングが全てではありませんが、私の場合はこの増減がモチベーションに大きく影響していますので、国内レーティングに加えて、FIDEレーティングのかかった試合の機会が増えるのは歓迎です。
何よりFIDEレーティングは世界と繋がっています。遥か彼方ですが世界チャンピオンのCarlsenともFIDEレーティングという同じステージにいます。
これってすごく素敵なことだと思うのです。国内に居ながら世界を感じられるって凄くないですか?

 

FIDE戦にすることで持ち時間と大会日程がネックになります。
FIDE戦の標準的なタイムコントロールは90分+40手で30分追加+1手につき30秒追加です。
これでは1日2試合が限度で、今まで通りの試合数を確保するために大会の日程を延ばすか、大会の日程はそのままで試合数を減らすか、の二択になってしまいます。
そのため今までの日程と試合数を確保するためにFIDE戦ではなく通常の国内レーティング戦を1日3試合する従来のスタイルを維持してほしいという意見も聞きました。

 

これは完全に私情ですが、私はタイムコントロールが下手で国内でよくある40分+1手につき30秒追加の試合ではしばしばタイムトラブルに陥るので、長い持ち時間のあるFIDE戦の方がじっくり考えることができて好きです。

 


5.日本でチェスが普及するために必要だと思うこと
JCAから引き続いてNCS会員としてチェスに関わっているプレイヤーは競技としてのチェスを趣味としてプレイしている層が大多数だと思います。
もちろんこういった人たちを増やすことは大事ですが、その下地から作っていく必要があると思うのです。
私は奨励会員でもなければ将棋道場に行くわけではありませんが、将棋のルールは知っています。たまにニコニコ動画やAbemaTVでプロの対局を覗いてみたりします。
将棋と比較するのは酷ですが、日本におけるチェスの文化的定着度はまだまだ低いです。一般人がチェスに触れる機会が無い。
2014年に羽生さんとKasparovの対局をニコニコ動画で公開したように、チェスを知らない層がチェスの試合を目にする機会を増えればいいなぁ、と思います。

 


6.地方のプレイヤーが東京の大会に足を運ぶということ
ここ数年はゴールデンオープン以外の東京での大会に参加していませんでしたが、私の場合は普段は対局機会が無い相手と当たることで経験を積みたいのと、大人数の参加者が集う大会で自分の力を試したいという動機で参加しています。

国内の主要な大会はほとんど東京で開催されており、関東圏とその他の地方で対局機会の格差があります。
また競技人口も関東圏とその他では隔たりがあり、ゴールデンオープンや百傑戦が50人以上、クラブ選手権に100人を超える参加者が集まるのに対して、地方の大会で20人以上の参加者が集まるのは名古屋オープンなどの高額賞金の付く大会を除けばごく稀です。
先ほど述べたFIDE戦の増加も対象の大会の開催地は東京であり、地方のプレイヤーにとってその恩恵は薄いと感じても仕方ないことです。

 

私は岐阜に在住していますが、全日本選手権に参加しようとした場合の費用の概算は下記の通りです。
交通費(新幹線) 往復約2万円
宿泊費(前日から大会最終日までの連泊) 約5万円
大会参加費 2万円
※JCA時代はさらに段位登録料が発生する場合がありました
これに現地での交際費や飲食費を加えると10万は越えてきます。

交通手段を夜行バスにしたり、宿泊場所にカプセルホテル、ネットカフェを利用するなどで節約は可能ですが、特に女性の方などは治安面でこれらの手段には抵抗を覚えるかと思います。

東京からの距離に比例して交通費は上がりますし、こうなると社会人はともかく地方の学生などなかなか気軽に参加とはいかなくなります。

 

私が東京と地方のチェス環境の格差を縮めるアイデアとして考えたのは、ビッグトーナメント(できればFIDE公式戦)を地方に巡業できないか、というものです。
例えばクラブ選手権の開催場所を年ごとに、東京→大阪→東京→名古屋→東京→北海道・・・と隔年で他の大都市開催にするなどです。
こうすることで普段東京まで足を運ぶのが難しいプレイヤーが参加する機会を持てたり、プレイヤー間の交流も活発になればいいなと思います。

 

 

ひとまず私が書きたいことは以上です。
冒頭でも述べましたが、久しぶりに長文を書いたので文章がかなり下手になっています、読みにくかったり趣旨が伝わりにくかったら申し訳ありません。
日本チェス界のさらなる発展を祈りつつ筆を置かせていただきます。 擱筆

author:ゆずゆぐ, category:お知らせ・雑記, 23:44
comments(0), trackbacks(0), - -
Innovation

 パソコンや携帯電話のイノベーションの早さに驚かされる。日進月歩であるし朝令暮改とも言える。元々流行に疎い私だが、10代の頃と比べてこうした変化に辟易としている。環境の変化に対する適応力が低下しているのならば嘆かわしいことだ。もちろん闇雲に流行や最新技術を追いかけるだけが適応だとは思わない。現状のカードで最善を尽くすこともまた適応なのだと信じたい。

 私はパソコンも携帯電話も大学入学時に買い換えて以来ずっと同じものを使っているから大分型落ちしている。物持ちがいいというわけではない。ただ単に買い替えにかかる手続き諸々が面倒だと思っているだけの物臭である。だが、最近になってノートPCの方が酷使に耐えきれなくなったようで頻繁にフリーズするようになった。それが私の本欄の更新モチベーションを大いに削いでいる。さすがに煩わしいので初任給で最新の物に買い替えようと思う。(今月の頭に内定を頂きました)
 
 チェスに関してはインターネットの普及で受けた恩恵が多大にある。
 我々は世界中に対局相手を求めることができるようになったし、遠く離れた地で開催されている大会で指されたマスターの手をリアルタイムで観戦し、議論することができる。
 最近は通信チェスに関する記事を良く目にする。1手につき1日以上の猶予があり、自分のペースで考えられるのが魅力だが、1局に数週間、あるいは数ヶ月かかるのはせっかちな私には向かないと思い、手を出していない。Face to Faceで対局するのが一番楽しい。

 Twitterはちょうど大学入学した頃に日本語版が始まった。
 私はほとんどROM専で、たまにしょーもないことをツイートしているぐらいだ。
 10代、20代のGMが利用していてファンとのコミュニケーションツールとして役立っている。
 CarlsenやGiriをフォローしている日本のチェスファンは少なくないはずだ。

 現在開催中のLondon Chess Classicの参加者ではCarlsen、Nakamura、Aronianをフォローしているので、彼らの呟きを少し紹介してみます。

 R3後 今日は素晴らしい一日でした。ヒカルに良い勝ち方ができたし、その後はCraven Cottage(サッカースタジアム)で楽しい時間を過ごしました。
 明日は白番でKramnikと。 Tweet by Carlsen

 R6前 これまでの誕生日(12/9)の試合は2勝1引です。うまくいけばこの傾向(誕生日の試合で無敗)を続けられるでしょう。 Tweet by Nakamura
 ※R6のNakamuraはMcShaneに対して黒番で引き分けた。

 R3後 (敗戦から)立ち直るために正しく時間を使うことはトップトーナメントでプレイするにはとても重要です。
 (R3の)Short戦の勝利は勢いづけてくれるでしょう。
 ヒカルとの試合は時間切迫が重くのしかかり39...e2を読み間違えてしまいました。それに彼は上手くプレイしていました。
 Tweet by Aronian ※R2でNakamuraに敗けて、R3でShortに勝ち。

 翻訳サイトと電子辞書片手に訳してみたがおおよそこんなことを呟いていた。大会中のマスターが行動や心境を本人の言葉で語ってくれており、ファンにとってはありがたいことですね。

 

 追記 2012.01.23

 どうやら上記のAronianのtweetは成りすましだった模様。改めて本人が登場し、偽物はアカウントを消して逃亡した。メディアリテラシーの問題だが、根本はモラルの問題だと思う。

author:ゆずゆぐ, category:お知らせ・雑記, 05:50
comments(0), trackbacks(0), - -
Fritz12 coming

 先週AmazonでFritz12を購入した。中古品で2980円。
 開封して困惑。説明書らしきものが見当たらない。アクチベーションコードが貼られているだけだ。元々の仕様なのか中古品だからかは解らないが(おそらく後者)、とりあえずインストールして動かしながら使い方を覚えていくしかあるまい。

 Fritz12のレビューを書く前に
ChessBase Light 2009の紹介をしておく。
 フリーソフトなのでお金をかけたくない人にお勧め。約15000局が内蔵されているがオープニングの検索には向かないし、データベースとしては心許ないが自分の棋譜の分析をするには充分なスペックです。
 棋譜の分析をする場合使い方は、まず左上の“file”→“board”をクリック。すると別ウィンドウでboardが出てくるので、次にメニューバーの中から、“window”→“Standard Layouts”→“Big Engine”。これで内蔵されているFritz6が起動するので、後は分析したい棋譜をコピーしてから、“Edit”→“Paste”→“Paste Game”でOKだ。
 フリーソフトなのでセーブはできないのと、製品版の広告が出てくるのはご愛嬌。
 煩わしくなったら製品版を買えということだろう。
 分析目的でチェスソフトが欲しい人はまずはこのソフトを使ってみて、さらに上のレベルのソフトが必要だと感じたら購入を検討すべきだと思う。

 
タイトル画面 Play Fritzで起動。Playchess.comはオンライン対戦。Chess Courseはよく解らないので弄っていない。初回起動時にユーザー登録の設定があり、Beginner、Hobby player、Club playerの3つの中から自分の棋力に合わせて選択することができる。



 “Welcome. My name is Fritz. I promise work hard for you.
 いきなり喋りだしたので驚いた。デフォルトでは“Blitz Game”になっているので、隣の“Infinite Analysis”に切り替えればCBL2009と同じように分析できる。もちろん搭載エンジンはこちらの方がバージョンアップされている。
 さて、ここからさすが製品版というところ。

 
メニューバーの“Analysis”から“Full Aanlysis”で、全自動で棋譜をチェックし、必要に応じて分岐の変化を書きだしたり、ブランダーや好手のマークを付けたり、データベースを参照に序盤の類似局を紹介してくれたりする。デフォルトでは1gameを10分で分析するようになっているが、ここは手持ちのPCのスペックに応じて調整すればいい。私のノートPCは特にフリーズすることなく動くのでそのまま使っている。

 使いやすかったのが、Openings Book。内蔵されている約20万局を初手からツリーダイアリーにしてくれている。chessgames.comのOpening dictionaryと同じようなものだ。追加料金でデータベースをアップグレードできるので、初期装備の20万局で足りないと感じたら、最新のデータを順次投入することもできる。

 盤や駒のデザインもそれぞれ10種類程度あり、3Dボードにすることも可能だが、動作が重くなるのでお勧めはしない。

 2980円でこのパフォーマンスなら良い買い物をしたと思う。
 

 最後にいくつかtournamentの結果をメモしておく。
 12th Karpov International TournamentはS.KarjakinとE.Bacrotが同時優勝。
 Governor's Cup TournamentはMorozevichが圧倒的な成績で優勝。他にLekoやPonomariov、Tomashevsky、Shirovなどが参加していたが、6勝0敗5引で2位に1.5ポイント差をつけた。これは凄い。
 15th Unive Tournament (Crown Group)はKramnikが優勝。レイティングを2800に乗せた。 

 
Tal Memorial 2011の記事を見つけた。今年も豪華な顔ぶれが集まり、楽しみだ。

author:ゆずゆぐ, category:お知らせ・雑記, 05:33
comments(2), trackbacks(0), - -
ボビー・フィッシャーを探して/愛のエチュード
 たまには随筆めいた乱文でもつれづれなるままに書いてみる。映画の感想も書くのでネタばれが嫌な人は注意してください。もっともこのようなマイナーなチェスブログを読んでいる人はすでに観たことがある作品だろうが。

 週末に調べ物があり県立図書館に足を運んだ。美術館も隣接しており、何かを学んだつもりになったり、感性を磨いた気分になるのに丁度良い場所だ。私の感受性の乏しさ故か、はたまた浅学非才な身故か、図書館や美術館、科学館といった場所は作品や書物そのものよりその場の空気や雰囲気を楽しんでいる。

 司書の中に熱心なチェスファンがいるのであろうか?我が県の県立図書館には日本語で書かれたチェスの本のおおよそがそろっている。『
百万人のチェス』を高校生の時に読めたことを感謝したい。さらにはJCAのChess通信が電話帳のような分厚さで3冊に別れて保管されていたりもする。これも高校生の時に一通り目を通した。再読してみたい気もするがあいにく別の目的があり借りてこなかった。

 調べ物を済ませた私はAVコーナーに向かった。良かった。誰も借りていない。目的の作品はあっさりと観ることがてきた。『ボビー・フィッシャーを探して』だ。
 私はてっきりFischerの伝記だと思っていたが違った。
 あらすじはジョジュ・ウェイツキンという少年がストリートチェスで才能を見いだされ、父親の支援でコーチの下に付いて競技としてのチェスを鍛えられ、最後には全米ジュニア(U-12かU-14?)で優勝する話だ。
 映画監督が撮りたかった主題ではないだろうが、私にはストリートチェスと競技チェスの対立軸が見えた。ストリートチェスは現代ならインターネットを用いた超早指し戦と言い換えられるだろう。どちらがチェスとの付き合い方として良いのかは各人の棋力や目標、楽しみ方によるから何とも言えない。

 その後は『愛のエチュード』も鑑賞してみた。ちなみに原作の『ディフェンス』は読んでいない。
 ヒロインのナターリアがルージンのどこに惚れたのか理解できない。私はルージンの才能を持つ者にありがちな社会不適合者の側面に対して魅力より恐怖を感じるから。
 ナターリアの母親が精神を病んでしまったルージンに付き添う娘に対して「貴女は精神病棟にまで一緒に行く気なの?」。むしろこの親心の方に共感してしまった。
 さらにはルージンの対戦相手であるイタリア人トゥラチが好漢で、私の中ではルージンが霞んでしまった。トレーナーのヴァレンチノフは解りやすい悪役(トイレトラブルのDanail○vを思い出した)だったが、彼と組んだトゥラチは紳士だったのだ。
 それが最も顕著だったのが婚約者を失ったナターリアに対して「世界チャンピオンによる不滅のエチュードでした」とルージンを讃えたシーンだ。打ちのめされた直後にこういう気の利いたセリフが言える奴はカッコいい。

 どちらも2時間ほどの上映時間なので暇な半日には観ると良いだろう。

 ここで書き終えようと思ったが最後に古典の棋譜から局面を紹介しよう。
 古い棋士では私はTarraschが好きだ。教条主義だと批判されることもあるが基本や原則を大切にする姿勢は見習うべき美徳だ。何よりチェスについて語った言葉がいい。

 “チェスは音楽と同じように人を幸せにする力を持っている” 
                                                                   Siegbert Tarrasch

 音楽を聞きながらTarraschのゲームを見てみよう。
 
ニコニコ動画 人生のメリーゴーランド ドイツ語Ver

 

 S.Tarrasch vs R.Reti 1922年 1-0  Position after 32...Kg8

 満60歳になるTarraschと33歳と脂の乗ったRetiの対局。
 Retiはこの2年後にCapablancaの不敗記録に終止符を打つ。ハイパーモダン派がチェス界を圧巻し新時代の到来を告げようとしているのに対してTarraschは抗う。

 上図ではRがセブンスランクに入り込み、すでに白が良い。33.Rxe6で問題ないが、そうすると対局は長引いてしまう。

 
33.f3
 まずはe4を支配してNの動きを制限する。

 33...Ne8
 いや、33.f3はNを制限するどころかNを取る狙いが含まれていた。
 この手以外だと、例えば33...Re8 34.Rg7+ Kh8 35.Rf7 Nh5 36.g4 Kg8 37.Rc7 Nf6 38.Bg7などでポジションの優劣からマテリアルの差に変換される。

 
34.Kh2
 ここでTarraschが動かしたのは何とキング!!
 以下黒マスを闊歩してKf6とたどり着いたところでRetiは投了。
 Kf7・Bg7#の終局図が解れば投了後の手順はさほど難しくないだろう。

 
34...Nd6 35.Rg7+ Kh8 36.Rd7 Nb5 37.Kg3 Nxc3 38.Kf4 Nb5 39.Ke5 Re8 40.Kf6 1-0
 相手のweak squareを使ってKがチェックメイトに加担する美しい勝ち方だが、同年に後の世界チャンピオンが同じようにKで相手を追い詰めるいるせいか、こちらの印象が薄い。 
A.Alekhine vs F.D.Yates 1922年 1-0

 ダブルBサクリファイスの名局である1914年のNimzowitsch戦が、Laskerの二番煎じと言われて名局賞を逃したり、Tarraschは誰かの影に隠れてしまう薄幸なイメージがある。でも彼は常にチェスを学ぶ者たちの教師であり続ける。これからもずっと。
author:ゆずゆぐ, category:お知らせ・雑記, 05:16
comments(0), trackbacks(0), - -
HP宣伝 学生チェス連盟/kurnik

 浜松CCで鈴木(陽)さんが書いた『東海オープン2011参戦記』を読んで、私もたまにはもっとユーモラスでフランクな口語に近い文章で書いてみたくなった。私とチャットしたことがある人は解ると思うが、ついついああいうノリになってしまわないように、ここでは敢えて固めの文体で書くように心がけているのである。


 学生チェス連盟ブログ開設
 学生チェス連盟代表の篠田さんが『
Japan Collegiate Chess Federation』を開設して下さいました。学生チェス連盟主催で1dayトーナメントや新人戦が企画されているようで、今まで学生選手権ぐらいしか活動がなかった学生チェス界に新しいイベントとして定着していってほしいと期待しています。私は現在大学4年で院に進学する予定もないので、学生生活は残り半年ほどですが、同じ学生として協力できればと存じます。

 もし2013年の学生選手権に私が参加していたらそれは就職難のために偽装留年したということですからそっと肩に手を置いて慰めてやってください(´・ω・`)
 私はh6にBをサクリファイスするかのように1限目の講義を放棄した。…一応卒業に必要な単位数は修得できそうなのでご安心ください。

 
 
kurnik(PlayOK)
 Yahoo!ゲームからチェスが消えてしまったので、私が今メインで使っているサイトをご紹介します。kurnik(日本語verだとPlayOKと表示されます)です。ICCの敷居が高いと思っている人にお勧めです。ポーランドのサイトで、ユーザーの8割はポーランド人で、時々フランスやロシア、イギリス、ブラジル等の登録者が見受けられます。チェス以外のゲームもでき、オセロプレイヤーには有名なサイトだったようです。
 Yahoo!チェスと同じようなゲームラウンジと、大会用ラウンジがあり、大会にはユーザー個人主催と定期の大会の2種類があります。ここ最近の私は日本時間25時15から開催される9R3分(日曜日の夜は11R)の定期大会に毎晩参加していますが、だいたい150人近く参加者が集まります。ポーランドと日本の時差は7~8時間で、これを書いている現在のポーランドの時刻は20時30頃なのですが、チェスのラウンジには2000人ぐらい集まっています。これだけで欧州のチェス人口の多さが日本とは段違いだと感じてしまいます。
 
 インターネットが世界を小さくしてくれたおかげで私たちは自宅に居ながら世界中のチェスプレイヤーと対局できるようになりましたし、どこで大会が開かれてもリアルタイムでスーパーGMの一手が観戦できるようになりました。
 “機械は便利だが、考えることまで機械にまかせてはいけない”という警鐘が、私の自戒です。

author:ゆずゆぐ, category:お知らせ・雑記, 05:31
comments(1), trackbacks(0), - -
Carlsen vs The World

〜 Carlsen vs The World

ニューヨークにいるカールセンとインターネットを通じて投票による対局する企画が現在進行中。
白番はカールセン。 我々は3人のマスターの候補手に投票していく。
M・V・ラグラーヴ H・ナカムラ J・ポルガー が世界側のサポートをしてくれるマスターだ。
※3人が同じ手を挙げた場合は無投票でその手に決まる。

今からでも遅くないので参加してみてはどうだろう?  http://rwcc.g-star.com/

author:ゆずゆぐ, category:お知らせ・雑記, 01:12
comments(0), trackbacks(0), - -
移転のお知らせ
 私は元々CURURUというブログサイトで書いていましたが、そちらが閉鎖することになったので、JUGEMに移転してきました。

移転前 http://myhome.cururu.jp/takatukarei/blog

CURURUで書いた記事をインポートしておきましたが、初期の頃の記事の稚拙さには目を瞑ってくださると助かります。
※画像の移転がうまくいっておらず読みにくいです。ご了承ください。

とりあえず記事の整理やら、カテゴリの編集作業をしてきます。

はじめましての人も移転前から読んでくれていた人も、改めましてよろしくおねがいします。
author:ゆずゆぐ, category:お知らせ・雑記, 03:55
comments(1), trackbacks(0), - -