RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
Innovation

 パソコンや携帯電話のイノベーションの早さに驚かされる。日進月歩であるし朝令暮改とも言える。元々流行に疎い私だが、10代の頃と比べてこうした変化に辟易としている。環境の変化に対する適応力が低下しているのならば嘆かわしいことだ。もちろん闇雲に流行や最新技術を追いかけるだけが適応だとは思わない。現状のカードで最善を尽くすこともまた適応なのだと信じたい。

 私はパソコンも携帯電話も大学入学時に買い換えて以来ずっと同じものを使っているから大分型落ちしている。物持ちがいいというわけではない。ただ単に買い替えにかかる手続き諸々が面倒だと思っているだけの物臭である。だが、最近になってノートPCの方が酷使に耐えきれなくなったようで頻繁にフリーズするようになった。それが私の本欄の更新モチベーションを大いに削いでいる。さすがに煩わしいので初任給で最新の物に買い替えようと思う。(今月の頭に内定を頂きました)
 
 チェスに関してはインターネットの普及で受けた恩恵が多大にある。
 我々は世界中に対局相手を求めることができるようになったし、遠く離れた地で開催されている大会で指されたマスターの手をリアルタイムで観戦し、議論することができる。
 最近は通信チェスに関する記事を良く目にする。1手につき1日以上の猶予があり、自分のペースで考えられるのが魅力だが、1局に数週間、あるいは数ヶ月かかるのはせっかちな私には向かないと思い、手を出していない。Face to Faceで対局するのが一番楽しい。

 Twitterはちょうど大学入学した頃に日本語版が始まった。
 私はほとんどROM専で、たまにしょーもないことをツイートしているぐらいだ。
 10代、20代のGMが利用していてファンとのコミュニケーションツールとして役立っている。
 CarlsenやGiriをフォローしている日本のチェスファンは少なくないはずだ。

 現在開催中のLondon Chess Classicの参加者ではCarlsen、Nakamura、Aronianをフォローしているので、彼らの呟きを少し紹介してみます。

 R3後 今日は素晴らしい一日でした。ヒカルに良い勝ち方ができたし、その後はCraven Cottage(サッカースタジアム)で楽しい時間を過ごしました。
 明日は白番でKramnikと。 Tweet by Carlsen

 R6前 これまでの誕生日(12/9)の試合は2勝1引です。うまくいけばこの傾向(誕生日の試合で無敗)を続けられるでしょう。 Tweet by Nakamura
 ※R6のNakamuraはMcShaneに対して黒番で引き分けた。

 R3後 (敗戦から)立ち直るために正しく時間を使うことはトップトーナメントでプレイするにはとても重要です。
 (R3の)Short戦の勝利は勢いづけてくれるでしょう。
 ヒカルとの試合は時間切迫が重くのしかかり39...e2を読み間違えてしまいました。それに彼は上手くプレイしていました。
 Tweet by Aronian ※R2でNakamuraに敗けて、R3でShortに勝ち。

 翻訳サイトと電子辞書片手に訳してみたがおおよそこんなことを呟いていた。大会中のマスターが行動や心境を本人の言葉で語ってくれており、ファンにとってはありがたいことですね。

 

 追記 2012.01.23

 どうやら上記のAronianのtweetは成りすましだった模様。改めて本人が登場し、偽物はアカウントを消して逃亡した。メディアリテラシーの問題だが、根本はモラルの問題だと思う。

author:ゆずゆぐ, category:お知らせ・雑記, 05:50
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 05:50
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://chess-record.jugem.jp/trackback/493