RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
French Team Championship 2012
 今月のメインイベントはTal Memorialだが、それより少し前からFrench Team Championship 2012が開催されている。地元フランスからはLagrave、Fressinet、Bacrotなど、他国からはIvanchuk、Navara、Giri、Naiditschなど中堅、強豪どころが多数集まった。
 
 まだ開催中で後2R残しているし、平行して開催されている大会が多く、全部の棋譜に目を通したわけではないが、今のところ下記の攻め筋が目に留まった。

 
E.Bacrot vs N.Brunner 1-0
 French Team Championship 2012 (9.4)
 Semi-Slav Defense

 

 21.Qc2-Qc4(上図)
 白の狙いはQと白マスBの位置を入れ替えてのQh7+。

 21...Rb8
 21...Be6と指したいところだが、22.Qe4で22...f5 23.exf6 Nxf6 24.Qg6(△25.Rxe6 Qxe6 26.Bc4)/22...g6 23.Bxh6/22...Kf8 23.Qh7のいずれも白優勢。
 e6を開けておくことで、22.Qe4に対して22...f5の防御を可能にしている。もしアンパッサンならQ交換で白の攻めを止めることができる。
 とはいえ手待ちしているだけなので、白はもう1手かけることでB・Q砲を組むことができる。

 22.Bb1
 Bd3-Qe4ができないので、Bb1-Qc2に変更。

 22...Qf8
 白のQc2を阻むことはできないので、予め、g6を突いた時に浮くh6を守っておく。

 23.Qc2 g6 24.e6!

 

 よくあるポーンサクリファイスだが強烈。Qxg6+を許すので取れそうにない。

 24...f5
 24...Bxe6 25.Rxe6! fxe6 26.Qxg6+ Qg7 27.Qxe6+ Kh8 28.Bxh6±
 24...fxe6 25.Qxg6+ Qg7 26.Rxe6!
 両方とも詰みまでは複雑で長そうだが、白がイケイケなのは違いない。

 25.e7! Nxe7
 初志貫徹このポーンを捨てに行くことでe列を開けた。

 26.Bxh6 Qf7? 
 Fritzは本譜の26...Qf7を負けを早めると批判し26...Qxh6 27.Rxe7 Ba5 28.Qb3+ Rd5 29.Rd1 Kf8 30.Re2 Rxd1+ 31.Qxd1を推奨。これも白勝勢だがまだ長持ちするらしい。でも28...Rd5は浮かびにくい手だし、白Rに一度セブンスランクへ侵入を許すのも気持ち悪い。

 27.Qb2
 狙いは28.Ng5で黒Qが逃げたら29.Qg7#

 27...Nd5 28.Ng5
 
Bh6と協力して黒Kの前を塞ぎにかかる。
 
 28...Qf6

 28...Qd7? 29.g3(29...Nf4でg6を守られるのを防いでいる) 〜 30.Re6(△31.Rxg6+)

 29.Qxf6 Nxf6 30.Re7

 

 31.Rg7+ Kf8(31...Kh8?? 32.Nf7#) 32.Rxb7+のディスカバリーチェックによる白駒得狙い。

 31...Re7 32.Rce1
 今度は33.Re8+ Nxe8 34.Rxe8#のスレット。R交換しても前述のディスカバリーチェックの脅威が残る。

 32...Bxh2+ 33.Kh1 1-0
 一縷の望みを込めたB捨て(33.Kxh2?? Ng4+)を受け流してゲームセット。


 追記 12.06.15
 優勝チームはClichy(Ivanchuk、Fressinet、Van Wely、Lagraveなど)、他チームと比べるとメンバーの平均レベルが頭1つ抜けている感じ。
author:ゆずゆぐ, category:Tournament report, 12:23
comments(2), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:23
-, -, - -
Comment
24.e6が見事ですね。
私もこんな風に指せたらと思いますw
私も最近ブログを始めたので良ければ見に来てください。
それからこちらのサイトをリンクさせてください。
よろしくお願いします。
いしいれな, 2012/06/12 5:54 PM
ブログ拝見しました。ねこ先生いいキャラしてますw 相互リンクさせていただきます。
私は24.e6はもちろん、続けざまに25.e7!と突き進むところに魅力を感じました。
ゆずゆぐ(高田侑一良), 2012/06/12 10:54 PM









Trackback
url: http://chess-record.jugem.jp/trackback/521